新創業融資の審査を受ける際に必要なのが創業計画書の書き方です。

店舗や会社をこれから開業しようとしている方は創業計画書を書かなければならないと言われれています。
パンフレットを作成する場合や、ホームページを作成する際にユーザーに訴えかける内容をわかりやすく記入をしなければ、利用される方はいないでしょう。

これから開業する店舗や会社がこれまでの店舗と何が違うのかを明確にしなければ、利用同期にはつながりません。
また、創業計画書を書くもう一つの理由としては、日本政策金融公庫で融資を申し込む時にも必要なるからです。簡単に記入例をご説明します。

1、融資担当者が興味を持つようにわかりやすく記入をする
2、コンセプトや既存店との違いなど、開業する店舗にしかない魅力を記入する
3、自己資金の明確化、家族の同意を事前に得て置く必要がある
4、売り上げ計画で低い原価、高い利益、売り上げ早期倍増など実現不可能なことは記入しない。

ではそれぞれを詳しく検討していきます。

1、融資担当者をファンにするような内容で簡潔にわかりやすくまとめることが必要です。スローガンやキャッチコピーなど思わず目に留まる内容を書くと良いです。

2、世の中には同業種、同形態な店舗が多くあります。これから開業することを選んだ理由や、開業する店舗を利用すると得られるメリット、他店にはない魅力を記入すると良いです。

3、自己資金はどのように貯めたのかを明確にしなければなりません。貯金なのか家族から借りたお金なのかを貯金通帳等を持参して第三者から見てもわかるように記入をします。事業が万が一失敗した場合に家族の助けを得られるかどうかも融資を受けられるか否かに関わってきます。事前に家族と資金面について話し合っておくと良いです。

4、融資を受けられやすいだろうと低い原価、高い利益を記入をしても実現不可能では融資を受けることはできません。個人事業の場合は利益から経営者の生活費と返済に充てることになります。過度な利益を演出しても開業後に自分で自分の首を締めるだけです。

創業計画書はわかやすく簡潔にまとめて、融資担当者を固定客にするという強い気持ちで作成をすることが求められています。

メインメニュー

サブメニュー

ブログカレンダー

2017年11月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事