日本政策金融公庫の新創業融資を受ける際に必要なのが創業計画書の書き方ですが・・・

これから起業をしようと思っている方は、事業資金が必要になります。
創業計画書や事業計画書などを作成する必要があります。
どのような事業で、将来的にどの程度の収益が予想されるかという綿密な計画書が必要になります。

中小企業がお金を融通する際にもっとも頼りになるのが日本政策金融公庫です。あらゆる起業者支援策があります。
記入例などは、内容がしっかりしていなければ、却下されてしまうことも多いのです。

また、日本政策金融公庫の職員に聞きますと、創業計画書や事業プランなどよりも、創業者自身の経歴や人柄が最も重視されるということだそうです。

事業プランを作成することなど簡単にできる人もたくさんいます。
しかし、その事業プランに対してしっかりと努力する姿勢があるか否かは、人を見ればわかるそうです。

ですから、真剣にご自身の創業を考えている人は、熱意をもって、融資担当者と向き合うことが大切です。
事業資金や運転資金を得るためには、金利の負担をしなければなりませんし、多額の融資を受けるためには、ご自宅の不動産を担保に入れなければならない場合もあります。

起業者は、あらゆるリスクを引き受けて、確固たる信念をもって事業に専念するようにしなければなりません。
自分自身のことばかりでなく、家族の協力を得なければなりませんし、従業員やその家族を養っていけるように努力をしなければなりません。

創業計画書の書き方の例を見ても、決してその書き方が正しいわけではありません。
ご自身でアピールしたいこと、どれだけの収益を上げて会社を成長させること、何を事業の中心ととらえどのように対応していくかということをしっかり説明できる能力が一番大切だということを理解すべきです。

与えられた計画書のフォーマットに従うことは重要なことかもしれません。しかし、それにこだわって伝えたいことができないような場合には、ご自身の考えたフォーマットで起業へお思いを伝えることが大切なのです。

メインメニュー

サブメニュー

ブログカレンダー

2017年11月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事