開業資金の審査では職務経歴と元在籍した会社自体の内容もみられる!

先日、お知り合いの大阪市内の日本政策金融公庫のOBの方と開業資金のことでお話ししていて驚いたことがあります。
こんな仕事を長年やっているにもかかわらず、今までわたしもまったく知らなかったのですが
「元々勤めていた会社がしっかりした会社かどうか」というのも調べられるということです。
信じられない話かもしれませんが、勤めていた会社が現在日本政策金融公庫で借り入れがあるのか、あるとすればきっちり返済しているのか、がしっかり調べられるのです。
えっ?「ちょっと前に勤めていた会社の借金がどうなってるなんて、わたし個人がこれから開業するのとまったく関係ない話では?」
と思われましたでしょうか?
そうです。わたしも関係ないと思います。
でも・・・
開業資金として貸してもいいかどうかを審査するのは日本政策金融公庫です。
「一般論は別にして、わたしどもは、しっかりした会社に勤めていた人=しっかりした人」いう判断になるのだ、と言われたらそれに従わざるをえません。
借金がまともに返済出来ていない会社にたまたま勤めていたからといって、それだけで即アウトということはありませんが、
開業資金としての融資を受ける際の一つの要因にはなる、というのは間違いないのでぜひ知っておいてください。
もし、その部分でマイナスになることが事前に予想出来れば「事業計画書を相当綿密に作る」とか「面接の準備を周到にしていく」ということでカバーしてください。
開業資金を受けるにあたって「事業計画書を相当綿密に作る」とか「面接の準備を周到にしていく」って具体的にどういうことですか?って?
それはその方の状況によって全然変わってきますから、ぜひ一度電話かメールをください。

メインメニュー

サブメニュー

ブログカレンダー

2011年10月
« 9月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事